So-net無料ブログ作成
検索選択

個体差 [セイヨウオダマキ]

F1001228.JPG
F1001229.JPG

うどんこ病に悩まされるのは常ですが、
オダマキも類に漏れず。
こちらもカダンセーフだけでは追いつかず、
ダコニールを2回、カリグリーンを2回散布していますが、
すぐ回復、とはならず。
ただどういうわけか、株によって発症したりしなかったりもあるのです。
1.5m×1m位のスペースにみっちり生えているのですが、
日当たりが良いと病気が発症しない、と言うわけでもなく。
株の頑強さに左右されるなら、
今発症している株をすぽっと抜いてしまうのもいいのかもしれません。


紫に輝いて [マートル]

マートルの実は日々色濃くなっていきます。
枝によって色づきやブルームの付き方の違いがあるのは
日当たりのせいでしょうか。

F1001226.JPG
F1001225.JPG

でも、まだまだ収穫には早すぎです。
目安は「小鳥がつまみ食いに来るくらい」と言いますから
じっくり観察していないと。

朝から治療 [スモークツリー]

F1001221.JPG
うどんこ病が治らないスモークツリー。
10月中は10日に1回、カリグリーンを散布してきたのですが
広がってからでは効果が出にくいという話は本当でした。

今の場所だと風通しと日当たりが悪いので、生育条件としては良くありません。
植え付けた時はそうではなかったのですが。
これからスモークツリーの植え替え適期に入るので
手入れの手間を省くためにもどこか別の場所へ移せるか検討します。

ということで今月の経過をまとめて。
F1001147.JPG
10月14日。
一度散布した後なので落ち着いたように思えますが、
一番被害の少ない枝でこんな感じです。

10月24日はこんな感じ。
F1001175.JPG
落ち着いたと思ったのもつかの間、またびっしりと白くなりました。
これに比べれば今朝は少しましなのかな。

紅葉と芽吹きと [アジサイ]

柏葉アジサイの葉がきれいに色づいてきました。
F1001220.JPG
赤黒くなってしまうことも多いのですが、
このくらいの色味になってくれると華やかな彩です。

が、ダンスパーティには困ったことが。
F1001216.JPG
来年芽吹くはずだった固い芽が育ち、開いてきてしまっている枝もあるのです。
一度「11月下旬」と言われるほどとても寒くなり、
次にまた24度くらいまで暑くなったので
季節を勘違いしてしまったのかもしれません。
私も半袖で庭の手入れをしていたくらいですから・・・。

落葉の時期 [キョウカノコ]

F1001219.JPG
京鹿の子の葉がだんだんと枯れてきました。
冬枯れする種類なので落ちるがままに任せていますが、
「ここに植えてあること」を忘れないようにしないと。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。