So-net無料ブログ作成
クレマチス ブログトップ

ピンチの結果 [クレマチス]

F1000493.JPG
約3週間がたちましたが、脇芽の動きはこんな感じです。
出ているようないないような、微妙な状態で経過観察中。

もう無理? [クレマチス]

F1000221.JPG
「アーリーセンセーション」を購入した時に、弱った蔓がありました。
新芽が動くかな、枝先の葉は動いたようだけどと様子見をしていましたが
日々弱っていって今ではこんなことに。
他の蔓が元気なので、もうあきらめて切ってしまおうかと思います。

ピンチ [クレマチス]

F1000181.JPG
「アーリーセンセーション」の蔓がだいぶ伸びてきました。
脇芽も伸び始めて、どのくらい成長するのかが気になります。

育て方をチェックしていたら、
新芽の先をピンチすると脇芽が増えて来年の花付きが良くなるとの話が載っていました。
でもそれはその蔓はそこまでしか伸びないということ。
万が一脇芽が出なければかなり残念な結果になってしまいます。

考えた末、新しい子蔓のうち2本だけをピンチしました。
F1000182.JPG
これでうまく行くようなら、来年からはもっと積極的にすることを考えます。

新芽が出ました [クレマチス]

クレマチス「アーリーセンセーション」。
花はすっかり終わりましたが、新芽が良く動き始めました。
F1000281.JPG
地面から新枝、地際から一芽、その上にもいくつも動いています。
まだ当分はこのまま自由に伸ばして、十分な長さになったら固定を考えます。

ただ、もう一つの蔓は脇芽が動く気配がなく、
枝先にほんの少し見えた緑が新蔓として伸びていってくれることを願っています。

アーリーセンセーション植え付け [クレマチス]

昨日衝動買いしたクレマチス「アーリーセンセーション」。
F1000104.JPG
蔓が2本あったのですが、
ほぐしてみると1本は先端にかろうじて葉っぱがあるだけでした・・・。
もう1本は花もたくさんついて、新芽の動きも見られるのですが
これから頑張ってくれるのかなあ。

蔓の長さは約80cm、これから伸びることを考えると支柱が必須です。
ということでオベリスクまたはトレリスを買いに近くのホームセンターへ出かけたのですが
適当な大きさの品がなくてがっかり。
ということで自作することにしました。

材料:タキロン 新竹アーチ(1200mm)2本、ささ竹(600㎜)3本、ビニールタイ

1.作業しやすいよう、鉢に鉢底石と培養土を少し入れ、
 新竹アーチ2本を奥までしっかりと刺します。
2.「Z」の字を書くように、ささ竹でつなぎます。
 F1000110.JPG
3.新竹アーチを囲むように、上下2か所にリング状にささ竹を巻いて、
 ビニールタイで固定したら出来上がり。
 F1000111.JPG
これでほぼ希望通りのサイズのオベリスクになりました。

ということでアーリーセンセーションを植え付けます。
出来れば来年は植え替えせずに過ごしたいこと、
クレマチスは肥料食いとのことですので、
事前に用意してあった培養土に燻炭と土の再生材、有機肥料を追加してみました。
でもこのままだと根本がさみしいので、
グラウンドカバーを兼ねてロベリアを植えました。
F1000112.jpg
うまく育ってくれるといいなあ。

クレマチス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。