So-net無料ブログ作成
オステオスペルマム ブログトップ
前の5件 | -

復活を目指して [オステオスペルマム]

F1001247.JPG
手前が「トレードウィンズ シナモン」、
奥が「トレードウィンズ ホワイト」。
開花中もそうでしたが、なぜかシナモンの方が虫や病気に弱く、
現在もこのように下葉が枯れ気味です。
実は9月から10月にかけていくつもの枝が立ち枯れに近くなり
ばっさりと切り捨てた部分もあります。
でもホワイトは生き生きとして
葉の色艶も良く、同じ仲間とは思えないくらいです。
微妙な位置の違いによる風通しの差か、肥料か、
はたまた水切れか。
原因はいろいろ考えられますが
こうして残ってくれたことですし、
来年はいろいろ手を入れてみようと思います。


夏でも開花 [オステオスペルマム]

F1000823.JPG
「トレードウィンズ シナモン」。
梅雨が終わり、本格的に暑くなってきているのにまだ花を咲かせます。
色が濃くなったのは、人が日焼けするのと同じ理屈なのでしょうか?

いまだに開花 [オステオスペルマム]

F1000463.JPG
F1000464.JPG
もう開花期は終わり、
本来なら切り戻しをする時期のオステオスペルマム。
しかしまだまだ咲いていますし、
つぼみもあるので切り戻しに踏み切れません。
切らないと秋の開花が楽しめない可能性があるのですが・・・。

まだまだ咲きます [オステオスペルマム]

F1000034.JPG
「トレードウィンズ ホワイト」。
初期の花と同じく、大きく咲き続けています。

隅にひっそり映る「トレードウィンズ シナモン」は
花も小さく数も少なく、この差はどこからくるのやら。
しかもなぜか「シナモン」は、
開花すると花弁がむしられたかのようになくなったり散っていたり。
虫なのか小鳥なのかわかりませんがさみしいことです。

不思議な色合い [オステオスペルマム]

F1000369.JPG
オステオスペルマム「トレードウィンズ シナモン」。
オレンジがかった柔らかな茶系統の花色に惹かれて購入した株です。
生産メーカーのHPには「限定色」とあったのですが
販売店が少ないという意味なら、おととしの出会いはラッキーだったのでしょう。

F1000368.JPG
今年の冬はいろいろな草木に被害をもたらせてくれましたが
この株も例外ではありませんでした。
雪の前はきれいな半円形に育ちつつあったのですが自然災害には勝てません。
倒れた姿でも美しく咲いてくれるからいいのです。

F1000374.JPG
花がらを整理すると、つぼみがたくさん顔を出しました。
「トレードウィンズ」シリーズの特徴は花期が長いということだそうですが
肥料切れにならないよう注意しないと。

前の5件 | - オステオスペルマム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。