So-net無料ブログ作成
検索選択
フジバカマ ブログトップ

下枯れ [フジバカマ]

F1001307.JPG
冬が近づいてきたからか、
藤袴の葉がだんだんと枯れだしてきました。
適期ではない時に植え替えしているので
その影響ではないことを願いたいですが
いつも冬枯れするのであまり気にせずにいます。
このままゆっくり、全体が枯れたら刈り込みします。

お引越し [フジバカマ]

地下茎でよく増えてくれた藤袴。
背も高くなったので、なんだか花壇がもさもさとしています。
12日ぶりに1日オフの日がやってきたので
思い切ってすっきりさせることにしました。

F1001241.JPG
この状態から
F1001245.JPG
この状態へ(ただし作業途中)
砂利をどけて、なるべく周囲の木々の根を痛めないよう土を掘りだし、
最近お気に入りの微生物資材を混ぜた土を入れました。
草木たちはというと、
藤袴は奥へ植え替え、紫式部をバサッと剪定、
鉢植えで育てていた沈丁花を地植えにしました。
沈丁花の植え替え時期としては適期ではないのですが
なるべく根を痛めなようにしたつもりです。
冬~春で花が終わる1年草を植えて、
適期を待つという方法は後になって気付きました。
奥の藤袴はしおれていますが、
掘り上げから植え付けまで少し時間がかかってしまったのです。
作業中に、いつものように会社からの電話が・・・。
藤袴は地下茎がだいぶ伸びていたので
仮に地上部がぐったりしても地下茎から延びた芽が来年育つことでしょう。

植え付け後にはメネデール100倍液を撒いています。
どの株もしっかり根付いてくれたらいいなあ。

次に1日オフの日がやってきたら左手のスペースの土壌改良をして
またいろいろと鉢から下します。

咲き進み [フジバカマ]

F1001172.JPG
藤袴がだんだん咲き進んできました。
香りは特になく、側で見ても美しいわけではないのですが
少し離れると風情ある姿で。
秋の七草のひとつとして選ばれたのも、その姿ゆえにでしょうか。

まあうちにあるのは、おそらく雑種なのでしょうけれど。

初開花 [フジバカマ]

F1001135.JPG
秋の七草のひとつ、藤袴が開花しました。
萩、すすきと一緒に庭を彩っています。

もともとススキと一緒に鉢植えになっていたのを購入したのですが
こちらだけ地植えにしたら、
地下茎が四方へ伸びて増えるのでびっくりしました。
本種は純絶滅危惧種と言うことですから、
強健な西洋種か雑種だったのでしょうか。
出来れば販売店にはその点をちゃんと明記してほしいと思います。
同じ増やすのなら、本種を増やしたいですから。

まあこれは今年の庭の改良ポイントにしていて、
ランナーが大きく広がらないよう、
植える場所を変えて地中の周囲を囲おうと思っています。
大きな穴を掘って、
その壁を石や使っていないレンガで覆ってから用土を入れるのですが
地植えのミントではとても有効でした。

フジバカマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。